SNSしかしていなかった私が今、ブログを始めた理由

画像 雑記

こんにちは。スミノフです。

去年ライブドアブログで少しブログを書きましたが、今回思い切ってWordpressに変更しました!Wordpress は全く使ったことがなかったですが割と簡単に導入できました。

それに関してはTwitterでみかけた、やぎぺーさん(@yagijimpei)となっちゃんさん(@sera_natsu)が共同制作したブログの始め方完全マニュアルが非常に参考になりました。というかこの記事だけでWordpress始められました。ありがとうございました。

最初の投稿では、私がブログを始めようと思った理由を書きます。

ブログを始めた理由

私がブログを始めたのは「あることについてググっても情報がない、もしくは非常に少なかった」からです。

では、そのあることとは何か。それは好酸球性副鼻腔炎です。好酸球性副鼻腔炎とは副鼻腔炎の一種で、みなさんにとっては慢性副鼻腔炎である「蓄膿症」が馴染みがあるのではないでしょうか。

好酸球性副鼻腔炎はかなり特殊で難病に指定されています。(難病指定センター)私はこの病をおそらく21歳のときに患ってしまいました。

症状は様々で個人差はありますが、私が一番苦痛で耐えらなかったのは味を全く感じないことでした。それは食べる事が大好きだったからです。「味を全く感じない=人生楽しくない」と言っても私にとっては過言ではありませんでした。そう思わる方も少なくないのではないでしょうか。

「どうしてもこの病を治したい。それが無理だとしてもうまく付き合っていきたい。」

この思いで何人もの医師にかかったりネットで必死に調べたりした結果、今でこそかなりうまくコントロールすることに成功しています。しかし、それまでに2年以上かかりましたし、好酸球性副鼻腔炎である可能性が高いということに気づくのも遅かったです。

コントロールできるようになるまでの過程は詳しく話すと長くなってしまうので違う記事で書きたいと思いますが、ともかく難病ということもあって情報が非常に少なかったのです。

「もっと早く自分に必要な情報を知ることができれば……」

今でもこう思うことがあります。人数は少ないとはいえ私と同じように苦しんでいる人がいる、もしくはもう治療を諦めている人もいるかもしれない。そう思ったとき私にできることは自ら情報発信することでした。

「情報が少ないなら自分の経験を発信すればいいや!」

と思ったのです。病気に関して教科書的な情報はネットに溢れています。しかし、特にその病気が珍しいものであるほど、実際にその病気を患った人のリアルな情報は少ないのが現状です。このやり切れない気持ちは当たり前ですが本人にしかわかりません。少しでもそういう人の助けになればと思います。

いずれ色んな病気の患者さんの情報が集まって、多くの人の役に立っていけばいいなあなんて思ったりしています。

まとめ

以上がブログを始めた理由でした。

これから少しずつ記事を増やしていって、好酸球性副鼻腔炎に限らず私の発信する情報が少しでも参考になったり選択肢を増やすきっかけになれば嬉しいと思います。

始めたばかりでまだまだこれからですが、よろしくお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク