疲れ目 ・ かすみ目の原因を比較!目薬の選び方

疲れ目 ・かすみ目 健康・くらし

薬剤師のスミノフです。
今回は 疲れ目 ・ かすみの原因に注目して目薬の選び方を紹介します。

パソコンやスマホの見すぎなどで疲れ目・かすみ目を感じたことってありますよね。こうなってしまうと作業に集中できなくなるので、目薬を使う人も多いはず。

でも、種類が多すぎてどれを選べばいいかわからなくなった経験はありませんか?

そんなあなたに伝えたいのが、疲れ目・かすみ目の原因別に目薬を選ぶという方法です。

この方法なら今よりも自分にあった目薬を選べるようになりますよ。

疲れ目 ・かすみ目の原因

疲れ目 ・かすみ原因
上の表で疲れ目・かすみの原因を大きく3つにまとめました。それぞれについて少し詳しく見ていきましょう。

 

疲れ目「筋肉のコリ」

私たちの目は筋肉を使ってピント調節をしています。この筋肉が疲れ目に関係しています。

遠くを見ているときはピント調節する筋肉は緩んでいますが、近くを見るときはグッと力が入って緊張します

これが続くと筋肉がこって目が疲れてしまい、目の奥が痛くなります。腕に力こぶを作るためにずっと力を入れてると疲れますよね。あれと同じです。

目の筋肉

かすみ目「涙の質と量の変化」

私たちの目は常にうすい涙でおおわれています。この涙の膜が目のかすみに関係しています。

実は涙はただの「しょっぱい水」ではなく、油層とムチン層に水が挟まれた構造になっています。

この三層がバランスよく保たれているので、立っていても重力で涙が流されないのです。ただの水だと目から涙がダラダラと垂れてしまいます。

この涙のバランスを崩してしまうのがビタミンAの不足やドライアイです。これらは涙の質を悪くし、涙の量も減らしてしまいます。

その結果、目が涙で守られなくなってかすんでしまうのです。

 

ゴロゴロ・ヒリヒリ 「角膜ダメージ」

角膜ダメージ目に光が入ってくるときは必ず角膜を通ります。ここで光が正確に屈折して1点に集まることで、ものがキレイに見えています。

この角膜にコンタクトレンズの着脱や紫外線などでキズがつく、または角膜が涙で均一におおわれていないと光が屈折する角度が変わってしまいます。

ズレてしまった角度を「ピント調節の筋肉」を使って修正するので、目が疲れやすくなってしまうのです。

このように、角膜のダメージも、疲れ目・かすみ目につながります。角膜にキズ + ドライアイ だとものすごく疲れますね……。

 

どの目薬がいいの?

筋肉のコリに対して

このタイプは以下の 2 成分が特に大切です。

  • ビタミンB12
  • ネオスチグミン

2つともピント調節する筋肉そのものに効きます。ビタミンB12は神経伝達機能をよくし、ネオスチグミンは筋肉を緩めて緊張をときます。

以下が筋肉のコリに効く目薬の例です。

 

サンテメディカル12 は処方せんがないと手に入らない医療用医薬品の目薬と同じ量のビタミンB12とネオスチグミンが含まれています。

少し清涼感が強くてしみる感じはしますが、 疲れ目を和らげるのに特化した目薬です。

 

こちらは値段が安く、さし心地がマイルドです。しかし、サンテメディカル12よりもネオスチグミンの量が少なく、ビタミンB12は含まれていません

しっかりと効果を実感したいのなら、サンテメディカル12がいいでしょう。

 

涙の量と質の変化に対して

このタイプは以下の 2 成分が特に大切です。

  • ビタミンA
  • コンドロイチン

ビタミンAは涙の三層を安定させるのに必要な成分であり、コンドロイチンは目の乾燥を防ぎます

以下がこのタイプに効く目薬の例です。

 

サンテメディカルAには一般用医薬品で最大量のビタミンAが含まれています

サンテメディカル12と同じ清涼感ですが、これはかなり目にしみました。笑
清涼感が苦手な人はさけた方がいいと思います。

 

こちらはサンテメディカルAの 2/3 量くらいのビタミンAになってしまいますが、値段は安くてしみにくいです。

 

角膜ダメージに対して

このタイプは以下の 2 成分が特に大切です。

  • 活性型ビタミンB2 (FAD)
  • コンドロイチン

ビタミンB2は角膜の再生力を高め、コンタクト・乾燥などによる摩擦や、紫外線で負ったダメージを回復してくれます

コンドロイチンは先ほどと同じで、目の乾燥をおさえて涙を保持してくれます。

以下が角膜ダメージに効く目薬です。

 

サンテメディカルGには医療用医薬品と同じ量のビタミンB2とコンドロイチンが含まれています

これまでに紹介したサンテメディカルシリーズの中では、清涼感がそこまで強くありません。

 

こちらはサンテメディカルGと同じ量のビタミンB2は含まれていますが、コンドロイチンが含まれていません

安いので、特にドライアイが気にならない人はこちらでいいでしょう。

 

目薬をさすとき注意すること

注意することは以下の3点です。

  • コンタクトには使用不可
  • 目薬は正しい方法でさす
  • しっかり1日5~6回使う

これまでに紹介した目薬は残念ながらコンタクトをつけたまま使うことができないので、はずして使いましょう。

また、目薬は正しい方法でさしてください。わかりやすい解説があるページをのせておきます。
正しい目薬のさし方

最後に、目薬は1日5~6回しっかり使ってください目薬に効果を感じないという人は1日2回くらいしか使っていないことが多いので、だまされたと思って5~6回使ってみてください。

 

まとめ

  • 筋肉のコリ
  • 涙の質と量の変化
  • 角膜ダメージ

それぞれの原因に必要な成分と、効果のある目薬はちがいます。

自分のタイプがどれかもう一度ふりかえってみて、この記事を参考に目薬を選んでみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク