【ヒゲ脱毛】私がクリニックでレーザー脱毛を選んだ理由

ヒゲ脱毛 健康・くらし

「毎日ヒゲを剃るのがめんどくさい」
男性なら一度は思ったことがありますよね。

私もそのひとりで大学生のころからヒゲ脱毛を考えていましたが、きっかけがなく行動には移していませんでした。

しかし、最近会社の上司から湘南美容外科の10,000円割引券をもらったので思い切って行くことに。

私のように「ヒゲ脱毛は考えているけどよくわからないから行っていない」という人もいることでしょう。

そんな人の参考になるように、ヒゲ脱毛が終わるまでの過程を残していきます。

今回は【クリニックでレーザー脱毛を選んだ理由】

いざ始めようと思ってもレーザー式やニードル式など種類がある、またはクリニックとエステどちらにするかなどで迷いますよね。

ただ、ポイントをおさえれば難しいことはありません。

この記事を読めば、選ぶべき脱毛の種類とクリニック・エステの違いがわかるのでぜひご一読を!

ヒゲ脱毛の理由は朝の時間

そもそもヒゲ脱毛する理由は

  • 毎朝のヒゲ剃りがめんどう
  • 肌が痛む
  • 伸ばしても中途半端

主にこの3つです。

この中でも毎朝のヒゲ剃りがメイン。

剃らなくてもいけないことはないけど、剃った方が良いという絶妙な長さで生えてくるんです。

濃くない方なので念入りにしたときで1日5分程度ですが、1ヶ月なら150分

この時間バカにならないですよね。

それに加えて刃物を使うので肌はどうしてもダメージを受けます。

また、私は伸ばしてもいい感じに生えそろわないのであっても邪魔なだけなんです。

以上の理由でヒゲ脱毛をすることにしました。

そして、私の希望の条件である

  • 痛いの嫌
  • 価格が高いの嫌
  • でも効果が高くて安心安全

これらを満たすのがクリニックのレーザー脱毛でした。

ヒゲ脱毛の方法は2択

  • ニードル脱毛
  • レーザー脱毛

このどちらかです。

ニードル脱毛

細い針を毛穴のひとつひとつに刺して電流を流し、熱で毛根を壊して二度と生えてこないようにします。

海外では100年以上前から使っている手法です。

○メリット

  • 最も確実性が高い
  • 色素の薄い毛や細い毛にも効果あり
  • 目元や眉毛、色素沈着部位もOK
  • 細かくヒゲをデザインできる

○デメリット

  • 1本ずつのため時間がかかる
  • 痛みがかなり強い
  • 5mmほどヒゲを伸ばさないとダメ

メンズTBCで体験しましたが、めちゃくちゃ痛いです。笑

強いて言うなら無理やりヒゲを抜くときの痛みがずっと続く感じ。

施術後は少し赤く腫れてヒリヒリするので、仕事が休みの日の前日に行くのがベスト。

100本分を体験だったので効果は正直わかりませんが、

  • 痛さ
  • かかる時間
  • 雰囲気

これらを知るには十分な内容になっています。

【ニードル脱毛と絶縁針脱毛の違い】
大きな違いは針の材質。
ニードル…ステンレス
絶縁針…絶縁体
ニードル脱毛は針全体が熱くなるので刺した後に強い痛みがあるが、絶縁針は先っぽだけ熱くなるため痛みが少なくてすむ。また、絶縁針脱毛は医療機関でしかできない。

レーザー脱毛

レーザーが黒っぽい色に反応する性質を利用して、熱で毛根を破壊します。

○メリット

  • 広範囲をできるため短時間ですむ
  • 医療機関のみ扱えるため安心安全
  • 痛みが少ない(ニードルに比べて)
  • 剃った状態でOK

○デメリット

  • 毛根が生き残ることもある
  • 目元・眉毛などはNG
  • 日焼けする人はNG

別記事で詳しく書きますが、私が選んだのはこのレーザー脱毛でクリニックは湘南美容外科。

ニードルに比べると断然痛みは少なく、感覚的に10分の1くらいです。

また、1度にまとめて何本も当てられるのでかなり短時間で終われます。

サロンとクリニックどっちが良い?

圧倒的にクリニックがおすすめ

  • 肌トラブルが起きたら医師と相談できる
  • 医療機関として基準をクリアしている

この2点から断然クリニック。

よく「価格が安い」ことがサロンの良さであげられますがニードル脱毛は高い

メンズTBCの体験に行ったとき見積もってもらうと、10段階あるヒゲの濃さで3~4だったのに26万円でした。

体験に行って相場を知っておくのもいいかもしれません。

また、サロンでは超低価格でレーザー脱毛もどきが提供されていることがありますが効果はかなり薄いです。

ニードル脱毛は基本サロン、近くにあるならクリニック

サロンが唯一クリニックに勝てる部分は通いやすさ。

メンズTBCやミュゼはどこにでもありますよね。

ニードル脱毛ができて「全国展開しているクリニック」は調べる限りありません。

あってもどこも都会の数店舗経営です。

あと、ここで価格を比較しておきましょう。

前に書いた通り、ニードル脱毛は以下の2つに分けられます。

  • 針(サロンでも可)
  • 絶縁針(医療機関のみ)
ヒゲ脱毛 -料金表

参照:メンズTBCきぬがさクリニック北山武田病院など

絶縁針はクリニックごとに料金が前後するのでだいたいの金額です。

サロンの方が安いイメージがあるかもしれませんが大した差はないですよね。

クリニックの場合は体に合うかしっかり検査もしてくれますし、医師がいるのでトラブルがあっても安心です。

レーザー脱毛はクリニックで決まり

そもそもレーザー脱毛はサロンで使うことが法律で禁止されています

これはレーザーが毛根を破壊できるほどの強さのため、資格がないと危険だからです。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

出典元:厚労省通達より抜粋

サロンで「レーザー」や「光」を使った脱毛をしている所は

  • 毛根を破壊できるほどの強さがない
  • 上の医師法違反

いずれかと考えられるのでいくら安くてもやめておきましょう。

まとめ

以上、書いてきたことと

  • 痛いの嫌
  • 価格が高いの嫌
  • でも効果は高くて安心安全

これら私の希望がマッチしたのが

クリニックでレーザー脱毛

でした。

実際にレーザーでヒゲ脱毛をした体験談は別記事で書きますのでぜひ読んでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク